リモートサポートツール   ダウンロード

ブログ

2021.5.24他社無線機からIP無線機「モバロケ」への乗り換え特別価格キャンペーンがオトクすぎる件。

今より安くIP無線機が使えるチャンス!?

現在、次世代IP無線機「モバロケ」がオトクな料金で乗り換えできる、期間・台数限定の特別キャンペーンを実施中です。

モバロケ_IP無線機

 

現在お使いの無線機が今後サービスの終了や停波の可能性があります。

「あれ?ウチってこれに該当するのでは・・・?」とう方がいらっしゃいましたら、早めの御検討、宜しくお願い致します。

 

 

アナログ無線機の使用期限は2022年11月30日まで

無線機をご利用中のお客様は既にご存じの方も多いかと思いますが、総務省から2022年11月30日をもって、アナログの400MHz帯簡易無線機は使用できなくなるとの通達がありました。

 

これは『電波法』という法律で定められ、2022年12月1日以降にアナログの400MHz帯簡易無線機を使用すると処罰の対象になるそうです。これに伴ってデジタル簡易無線機、またはIP無線機への切替えをしないといけません。

総務省 簡易無線局のデジタル化について https://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/relate/dcr/

 

アナログ簡易無線機を使っている方にとっては悩みどころの今回の通達。

しかしなぜ、電波のデジタル・IP化が必要なのでしょうか?

 

なぜ、電波のデジタル・IP化が必要なのか?

結論から言いますと【電波の有効利用】が主な目的です。

そもそも、通信に使われている電波は無限に使用できる訳ではなく、一定の周波数内での使用が法律で義務付けられています。

 

その限られた周波数内で、携帯電話やコードレス電話機、タクシー無線、テレビ放送、SuicaなどのICタグなど、色々な用途毎に割り当てて使用いるのですが、それらをデジタル化・IP化をすることにより、周波数帯をより細分化して使用することが可能になり、より多くの製品・用途に利用することができます。

 

つまり、様々な製品をより便利に使えるようにする方法として電波の利用ニーズが高まる中、限られた電波を譲り合って使うために、2022年11月30日までにデジタル化・IP化が必要になります。

 

 

IP無線機でも旧規格(3G規格)は、各社順次停波予定

 

通信各社のサービスは目まぐるしく変化しており、その動向が気になりますが、一方で、3G規格のサービス終了について意識しなければならない時期になりました。

 

IP無線機は今から約20年前に登場し、従来の無線機では、その無線機の電波が届く範囲でしか通話ができませんでしたが、IP無線機は日本国内のどの場所にいても、通話することができること、また、電波のトラブルが少なく音声がはっきり聞こえるメリットもあり、飛躍的に導入がすすんでまいりました。

 

無線機_通話

 

通信インフラ(携帯通信網)も、発売当初は3G規格の商品しかありませんでしたが、LTEや5Gが普及する中で、IP無線機も対応の規格に変化し、現在はGPS機能による位置情報や画像伝送サービスなど、幅広い活用がされています。

 

そんな中、通信各社の3Gサービス終了(停波)が発表されました。

 

現在、IP無線機をご利用中のお客様の場合

3Gサービスの規格でご利用中の場合、通信各社の3Gサービスが終了すると、IP無線機が使えなくなる可能性があります。

「もうウチの無線機はIP化したので大丈夫!」と思っているお客様も、導入して5年以上経過している様であれば、3G規格の可能性もあります。

 

今のIP無線機が3Gなのか、4Gなのか不明であれば、ご利用中の製品を確認させていただく事も可能です。

お気軽にご連絡ください。

 

4G_無線

 

各社のサービス終了について

KDDI、沖縄セルラーが2022年3月末、ソフトバンクが2024年1月下旬、NTTドコモが2026年3月31日に終了すると発表しております。

詳しくは、下記の各社サイトにてご確認してください。

 

・ [NTTドコモ]「FOMA」および「iモード」のサービス終了について

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/10/29_00.html

 

・[KDDI、沖縄セルラー]「CDMA 1X WIN」サービスの終了について

https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/11/16/3428.html

 

・[ソフトバンク]2024年1月に3Gサービスを終了します。

https://www.softbank.jp/mobile/network/3g-end/

 

 

次世代IP無線機「モバロケ」とは?

モバロケとは、全国どこでも使える、デジタル通信網を使った車両動態管理付のIP無線機のことです。

安定的な通信が可能なパケット通信網を利用し、高品質な通信を行うことができます。

 

IP無線システム「モバロケ」導入のメリット

モバロケなら日本全国どこでもつながる!

従来の業務用無線は、基地局を中心とした限られた範囲だけでしか通信ができず、山間部やビルの谷間などは圏外となるエリアが多数ありました。

 

しかし、業務用IP無線機「モバロケ」なら、NTTドコモのFOMA通信網を使用しているので、携帯電話の電波が入るエリアであれば、日本全国どこでも安定した通信が可能なのです!

 

運搬費

 

免許申請・基地局などの設置がいずれも不要!

従来のアナログの業務用無線の場合は、無線局開設に必要な免許申請や無線従事者の資格、基地局やアンテナの設置などが必要で、導入するには面倒なことも多々ありました。

 

しかし「モバロケ」はアナログ無線とは全く異なり、NTTドコモの回線を使用するので、面倒な免許申請や、基地局やアンテナ設置が不要!設置後すぐに利用することができます。

 

携帯_基地局

豊富な通話モードを搭載

一斉通話やグループ通話など従来の業務用無線機で使用するモードはもちろん、指令局通話や個別通話、さらにIP無線機ならではの強みとして各種強制割込通話など、多種多様な通話モードを兼ね備えています。

 

車両の位置情報、状態、履歴を遠隔管理できる

オプションでGPS機能を搭載すれば、インターネットの環境があれば、どこからでも定期的に日時、位置、状態、方向、速度などの「移動管理情報」を把握することができます。

GPS_動態

社内のパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットを使って閲覧することができるので、リアルタイムで車両管理が行えます。

<参考URL>http://www.mcinc-products.jp/mobaloca/#function

 

10日間無料のデモンストレーション

今なら10日間無料のデモンストレーションを行っています。

まずは設置してみてその機能の良さ、品質の高さをお試しください!

 

業務用IP無線機モバロケの導入に関するコンサルティングは無料です!!是非ご相談下さい。

 

お電話でのお問い合わせはこちら⇒0120-411-114

 

 text= AIDA LINK
  • シェアする
  • LINEに送る