リモートサポートツール   ダウンロード

OA機器を活用して収益・効率UP

収益UPのカギを握っているのは、オフィスや事務所など、職場でお使いのOA機器(情報通信機器・事務機器)かもしれません。

AIDA LINKでは、「本来の用途とは違いますが、こんな便利な使い方がありますよ」「他業種で重宝されているものですが、御社でも役立ちますよ」という風に、固定概念にとらわれないご提案で業務を効率UPさせ、収益アップのお手伝いをさせていただきます。

これまでに培ってきたOA機器・ネットワーク構築の技術や経験、ノウハウを生かし、また自社で実際に導入し、収益・効率をUPさせると実感できた数々の商品をお客さまにおすすめすることで、事業規模・ニーズに合わせた“意外な”収益・効率UPツールをご提案させていただきます。

up

例えば…
こんなことが可能に!

01CTI連動型のビジネスホンを
予約&顧客管理ツールに

コールセンターなどで使われているCTI連動型のビジネスホンは、美容室や飲食店、ケーキ屋など小規模な店舗でも1台から気軽に導入可能です。着信と同時に過去の履歴などを網羅した顧客情報が画面に現れるので、予約や注文がスムーズ。

お客さまに「覚えてくれている」という特別感を与えることができ、顧客満足度が上がるので、リピーターの獲得から収益UPにつながります。

毎年同じことを言わなくて助かるわ

ケーキ屋さんが予約注文用に導入。過去の注文履歴に、誕生日のメッセージに書く名前(漢字)まで残せるので、毎年聞き直さなくてOK。お客さまに「毎年同じことを言わなくていい」と評判で、リピーターが増えた。

気の利くお店で 助かるよ

完全予約制のフレンチレストランが導入。食べられないものやアレルギーの有無まで記録することで食材に配慮ができたり、過去の来店時と比較してメニューがかぶらないようにしたり、徹底したおもてなしができるようになった。

02通販と電話応対、両方で受けた
顧客情報をCTIで一括管理

地方からさまざまなモノを発信できる時代。EC(インターネット販売)に着手している企業や店舗も増えました。しかし、昔ながらの顧客が多いお店ほど、高齢のお客さまからの電話注文も切り離せないもの。

CTI連合型のビジネスホンを活用すれば、通販サイトからの受注情報も、電話での注文内容も一括管理することが可能。着信があると相手の顧客情報が画面上にポップアップするので、すぐに対応できます。

理が簡単で時間にゆとりが!

数年前、自慢の干物をインターネットでも販売し始めた地方の老舗干物店。贈り物の注文が増え、顧客情報が煩雑になり困っていた。

そこでビジネスホンをCTI連動型に変え、着信と同時に顧客情報が画面に現れるシステムを導入。「昨年と同じものを昨年と同じ場所に送って」という電話注文にもスムーズに対応できるようになった。

03ビジネスホンの音声録音を
社員教育のツールとして活用

新入社員にかかわらず、社員の接客スキルは常に磨きたいところ。実際に起こり得るシーンを想定しつつ、グループワークなどを取り入れて検証・改善をしていく企業も増えています。

ビジネスホンで録音したリアルなやりとりを教材にすれば、より実践的なスキルが身につきます。

理が簡単で時間にゆとりが!

家電商品の設置やメンテナンスを請け負う工務店が、お客さまからのお問い合わせやご相談を録音。

毎月の研修で録音した音源を課題にお客さま対応マニュアルを作成。知識が乏しい若手社員が対応しても丁寧な対応ができるよう、品質向上に役立てている。

04ビジネスホンの記憶機能を
メモ代わりに活用

電話を受けるときにはメモをとるのが基本。ただし「聞き間違いをした」「メモを紛失した」という経験はありませんか?

同僚のデスクのうえにメモを置いたはずなのになくなっていたということもありがち。そんな行き違いで、受けた注文品の数を間違うなど致命的なミスは絶対に防ぎたいところ!

通話中の音声を記録できるビジネスホンなら、電話を切ったあと、冷静にもう一度相手との通話内容を聞き直したり、音声ごと伝言することもできて効率がよく便利です。

理が簡単で時間にゆとりが!

業職が多い建築資材の製造会社。受付専属の担当者がおらず、これまでは電話を受けた人がその都度、営業担当者に伝言を残していたが、専門用語が多いため聞き間違いも多く二度手間に。

発注の遅れにも繋がっていた。そこで、ビジネスホンを録音機能付きのものに交換。音声ごと転送もできるので、格段に効率があがった。

LINE UP収益・効率UPを実現する
商品ラインナップ

ビジネスホンで
収益・効率UP

  • ●顧客情報を蓄積でき、社内外のエンゲージメントに役立つ
  • ●煩わしい営業電話を事前に確認できる
  • ●音声録音を伝言でき、正確な情報を共有できる
  • ●内線・外線を携帯電話やスマートフォンへ転送できる
  • ●電話対応工場の教育に使える など
up

こんなお悩みを解決

  • 誰からかかってきた電話か知りたい
  • 忙しい担当者となかなか連絡がつかない
  • 伝言を迅速かつ正確に伝えたい
  • 卓上電話機より携帯電話を増やしたい
  • コストをかけずに電話契約したい
収益・効率UPのメリット
1電話を受ける側に
安心感が生まれる

相手が分かっているという安心感が大きい。心構えができるので、電話の相手に与える心証も良く、会話がスムーズに続けられます。

2迷惑電話に出なくて良い

業務に関係なく煩わしい営業電話なども、電話番号を登録しておけば出る必要がなく、時間&労力の節約に。

こんな職場におすすめ
  • リピーターが多い店舗例:美容室、ケーキ屋、和菓子屋、飲食店、ホテル、書店、その他サービス業全般 など
  • 特定のクライアントが多い法人・個人企業
収益・効率UPのメリット
1メモ代わりに使える

一言一句、会話の内容が漏れなく記録できます。

2相手の「温度感」が伝言できる

手書きのメモでは残せない、相手の声のトーンや語気、感情までそのまま伝言できます。それによって、迅速な対応をすべきかどうかがわかるので、リスクを回避できます。

3教育ツールとして活用

電話応対での顧客満足度を上げるため、録音した音声を社員教育のツールとして活用。品質向上を目指せます。

こんな職場におすすめ
  • 電話応対の数が多い企業
  • 受付窓口を設置している企業
  • 外まわりのスタッフが多い企業 など
収益・効率UPのメリット
1ランニングコストがかからない

月々の通話料金が削減できます

2外線・内線の両方がつながる

事務所で受けた外線を、担当者の持っているPHSに転送することが可能。居場所を探す必要がなく、さらに電話の相手を長く待たせずに済みます。

こんな職場におすすめ
  • 敷地が広い施設や企業例:病院、ホテル、工場 など
収益・効率UPのメリット
1相手がつかまらない
ストレスを軽減

PHSの使用がアンテナ圏内に限られるのと比べ、FMCなら日本全国どこでも公衆網で繋がります。全国どこにいても内線の転送が可能なので繋がらないストレスから解放されます。

2急用にも対応可能

会社にかかってきた電話を携帯電話で受けられるため、オフィスや事務所に誰もいなくても大丈夫。チャンスロスもありません。

こんな職場におすすめ
  • 敷地が広い施設や企業例:病院、ホテル、工場 など
  • 職場に人がいなくなる時間帯がある企業例:人数が少ない会社、営業所を持つ会社 など
収益・効率UPのメリット
1スムーズな対応が可能

着信するごとにそれが一覧できるので、誰が対応すべきか明確。前任者がいない場合も過去の状況が把握できるので対応がスムーズです。

2顧客満足度UPに繋がる

電話越しながら丁寧な接客ができ、特にリピーターのお客さまには「覚えてくれている!」という特別感を感じていただけます。

こんな職場におすすめ
  • リピーターが多い店舗例:美容室、ケーキ屋、和菓子屋、飲食店、ホテル、書店、その他サービス業全般 など

ナースコールで
収益・効率UP

  • ●ナースコールをPHSで受けられる
  • ●移動中、処置中にも緊急呼び出しに対応可能
  • ●電子カルテの情報をPHSに転送できる
  • ●夜間勤務の負担を軽減
  • ●PHS・電子カルテ・廊下灯の業者を一本化できる など
up

こんなお悩みを解決

  • ナースコールが親機でしか受けられない
  • 呼び出しに備えてナースセンターから離れられない
  • カルテの情報に間違いがあり不安
  • 患者さんのリストが見られない
  • PHS、電子カルテ、廊下灯をそれぞれ別の業者に依頼している

AIDA LINKでは、PHS、廊下灯、電子カルテ、センサーマットなどを一括受注することが可能で、24時間の保守・点検まで承ることができます。

これまで別々の業者さんに依頼されていた場合、新築・増改築・更新のタイミングでご相談をいただければ、最適なご提案をさせていただきます。

収益・効率UPのメリット
1ナースセンターを離れても安心

いちばんのメリットは、ナースセンターに看護師が不在でも患者さんの呼び出しに応対できること。業務に追われるなか、ナースセンターから離れても大丈夫だという安心感が生まれます。

2患者さんのSOSに迅速に対応できる

別の患者さんの処置中でも、ナースコールがホスピテルで受けられるため対応が迅速。どの部屋から呼ばれたのかも一目瞭然です。生体情報モニターなどとも連動しているので、その異常にも迅速に気づくことができます。

3電子カルテと連動

電子カルテの情報を、ナースコールの画面に転送することが可能。正確な情報の把握が、正確な処置につながります。

4夜間のナースコールも静か

ナースセンターに看護師が不在の場合、呼び出しに応えるまでコールが鳴り響くこともしばしば。とくに夜間は睡眠の妨げになるという声もあります。ホスピテルならそんなお悩みを解消。また、医師やスタッフの呼び出しに院内放送を使わずに済みます。

5時間外来訪者の
ドアホンにも対応可能

親機で夜間通用口の解錠・施錠が可能。来訪者を映像で確認し、ナースコールで応答できます。

こんな職場におすすめ
  • 病院・福祉施設とくによく院内を動きまわるスタッフの方々など※大分県内の病院の約15%がAIDA LINKのホスピテルを導入しています
収益・効率UPのメリット
1スタッフが少ない
夜間の見守りに役立つ

睡眠、覚醒、離床などの状態がわかるので、スタッフの少ない時間帯、適切な見守りが可能です。「夜眠らない患者さんが、実は昼間に寝ている」ということが判明した例もあります。

2スタッフのストレス軽減

「寝ている」ことがわかれば、スタッフの精神的負担が軽減。安心につながります。

こんな職場におすすめ
  • 病院・福祉施設

UTM(セキュリティルーター)で
収益・効率UP

  • ●ネットワークそのもののセキュリティが強化できる
  • ●パソコン1台1台にウイルスソフトを導入しなくて良い
  • ●情報漏洩対策ができる
  • ●セキュリティ環境を自動更新できる
  • ●万が一ウイルス感染した場合に自動復旧できる
  • ●セキュリティ環境の信頼性をあげる など
up

こんなお悩みを解決

  • セキュリティを強化したい
  • 煩雑なセキュリティ管理を一本化したい
  • 万が一ウイルス感染した場合の復旧効率・コストを削減したい

UTM(セキュリティルーター)とは、セキュリティ機能をひとつのハードウェアに統合し、ネットワークを一括管理できるシステムです。企業のネットワークは、日々、ウイルス感染やネットワーク攻撃などの脅威にさらされています。従来はファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパムなど個別のセキュリティ対策を駆使し、それぞれに導入の手間やコストがかかるところ、UTMならすべての導入・管理を一本化することが可能で、しかも圧倒的なガード力を誇っています。

UTM(セキュリティルーター)とは

年々、守らなければならない情報は増える一方で、セキュリティは常に脅かされています。特に、オリンピック開催国はターゲットになりやすいとも言われています。万が一マイナンバー、生年月日、名前、年収などの個人情報が流出した場合、裁判に発展し、企業イメージを損なう可能性もありますので、UTMをはじめとする万全のセキュリティ対策はもはや必須となっています。

収益・効率UPのメリット
1管理がラク

社内の所有パソコンすべてのセキュリティを、大元のネットワークから一括管理。これまでPC1台1台にウイルスソフトをインストールしていた手間が省けます。

2選べるプランとメンテナンスフリー

パソコン台数に応じた料金プランがありますが、ライセンス6年間×PC台数の設定で、6年間メンテナンスフリー、自動更新が可能です。

3自動復旧してくれる

ネットワークが危険にさらされたとき、自動修復してくれるので、復旧にかかるいっさいの手間が省けます。

4自社の信頼性があがる

万全なセキュリティ環境は、何より顧客からの信頼度を高めます。

5時間外来訪者のドアホンにも対応可能

親機で夜間通用口の解錠・施錠が可能。来訪者を映像で確認し、ナースコールで応答できます。

こんな職場におすすめ
  • 士業の方・事務所
  • 病院関係
  • 多くの個人情報を扱う企業
  • パソコンを導入しているすべての企業 など※大手企業との取引を始める場合、UTMの導入が条件となっている場合もあります

防犯カメラで
収益・効率UP

  • ●見えない部分を見るために活用できる
  • ●遠隔地に足を運ぶ手間・時間が省けて効率UP
  • ●業務改善に役立つ
  • ●カメラの映像がスマートフォン・タブレットで見られる
  • ●事故・ミスなどが起こった場合の証拠映像が残せる など
up

こんなお悩みを解決

  • 社内の様子が知りたい
  • 遠隔地の様子が知りたい
  • 人の流れを把握したい
  • 万が一の事故・ミスの現場を確認したい など
移動も少なく効率アップ
収益・効率UPのメリット
1在席・離席が確認できる

フロアが複数階にわかれている、別棟がある、支社があるオフィスや、工場や倉庫を持つ企業の場合、見えない場所で働く社員の様子はわかりません。そのため、電話を繋ぎたい場合に相手をお待たせしたり、用事があるのに探す時間がかかったりと非効率。防犯カメラを活用すれば、在席・離席状況がひと目でわかり、確認するための無駄な手間が省けます。

2外出先から
オフィスの様子を確認できる

スマートフォンやタブレットと連動するシステムを導入すれば、外出が多くても出先から社内の様子を確認し、適切な指示が出せます。

3店番がわりに活用

バックヤードに事務所があり、来客が少ない店舗の店番がわりに、音と連動した防犯カメラを設置できます。

4社員教育のツールとして活用

ミスやクレームを受けた場面が記録されていれば、映像を見ながら何が悪かったのか、どう対処すればよかったのか振り返ることができるので、社員教育の一助となります。

5適切な人員配置に役立つ

自社でイベントやセミナーなどを開催する場合、カメラのリアルな映像を遠隔地で見ながら、想像以上に人が混み合っている場所、渋滞している駐車場などに警備員やスタッフを移動させることが可能。混雑をスムーズに解消できます。

6商品管理・在庫管理に役立つ

ズームしても映像がクリアなので、在庫チェックをしたいとき。倉庫や商品棚まで直接行かなくても、遠隔地から確認でき時間と手間を省けます。

こんな職場におすすめ
  • 敷地や建物が広く、ワンフロアでないオフィス
  • 外出する社員・スタッフが多い企業
  • 来店数は少ないものの業務が多い店舗
  • 混雑時の対応が必要な商業施設、店舗
  • 工事現場
  • 駐車場、資材置き場などを持つ企業 など

テレビ会議(WEB会議)システムで
収益・効率UP

  • ●会議・打ち合わせに出向かなくていい
  • ●会議・打ち合わせが頻繁にできる
  • ●映像が見られるので電話よりもリアルな会話が可能
  • ●複数拠点から一斉に参加できる など
up

こんなお悩みを解決

  • 打ち合わせのために移動時間がかかり通常業務に支障がでる
  • 今使っているシステムは映像や音が途切れて使いづらい
  • 電話ではなく複数人がいちどに打ち合わせできるシステムが使いたい など
出張費用も削減効率アップ
収益・効率UPのメリット
1移動時間を節約できる

支店、支社が多く、方々から人が集まって頻繁に会議をする会社なら、その移動にかかる時間と経費を削減できます。

2同時に複数の人と
顔を見ながら話せる

映像や音声のタイムラグがなく、誰が話しているかもクリア。目の前にいる人と会話しているかのように、自然なやりとりができます。

3サンプルの確認も遠隔地から可能

映像では正確な色味やニュアンスを把握できるため、たとえば建築資材や布や雑貨など、仕入れたい商品のサンプル確認も問題なくできます。

4在宅スタッフとの
やりとりに活用できる

子育て中、あるいは出勤スタイルが自由な場合などで在宅勤務のスタッフとも密にコミュニケーションをとることができます。

こんな職場におすすめ
  • 支店や支社の多い企業
  • 出張の多い企業
  • 打ち合わせ・会議の多い企業
  • 在宅スタッフがいる企業 など

モバロケで
収益・効率UP

  • ●移動履歴から最適なルートを見直せる
  • ●誰がどこにいるのか位置を把握できる
  • ●業務連絡のスピードをUPさせたい
  • ●業務の効率化をはかりたい
  • ●災害時、救助隊の活動位置を把握したい  など
up

こんなお悩みを解決

  • 車両の居場所を簡単に把握したい
  • 業務連絡のスピードをUPさせたい
  • ドライバーがさぼっていないか確認したい
  • ドライバーが休憩をとっているか確認したい など
本部と連絡にストレスなし
収益・効率UPのメリット
1業務のスピード化が可能

網羅できるエリアが広く、全国各地にいるドライバー・スタッフに一斉に情報伝達が可能です。

2配車がスムーズになる

位置情報が把握できるので、代行、タクシーなどはスムーズに適材適所の配車をすることができます。

3ルートの見直しができる

混雑する道や時間帯の統計をとることができるので、運転する道路の最適化、最短化につながります。

4運転手の
状態管理・休憩管理ができる

移動速度や距離を記録できるので、ドライバーの連続運転や休憩時間に配慮できます。

5持ち運びが可能

車両に取り付けるのではなく、持ち運びが可能なのでイベント会場などの警備、災害時などにも活用できます。

こんな職場におすすめ
  • タクシー・バス・トラック運送会社
  • 営業系の企業
  • 保育園・幼稚園・学校の送迎バス
  • 災害時の救助活動
  • 商業施設
  • 工場のある企業  など

コピー機・複合機で
収益・効率UP

  • ●導入コストを抑えられる
  • ●様々な機能を一本化できる
  • ●自社でチラシやDMを印刷できる
  • ●アドレスを多数登録してダイレクトに送信可能   など
up

こんなお悩みを解決

  • 書類をすばやく相手に送りたい
  • 導入コストを見直したい
  • 頻繁に制作するチラシをきれいに印刷したい
  • 印刷のスピードをあげたい
  • コピー機でデータ管理したい
管理は楽だしスピーディー!
収益・効率UPのメリット
1「ただおきくん」でコスト削減

コピー機のメーカー選びに悩むときは、各社の機器を取り扱っているAIDA LINKにお任せください。レンタルシステム「ただおきくん」なら、実質0円でのレンタルが可能です。

2業務スピードが改善できる

コピー機でスキャンしたデータをパソコンから確認し、メールでクライアントに送信が可能。資料をわざわざ持参する時間を省くことができ、業務スピードが格段にあがります。データを送信するほうが、FAXよりも鮮明だという利点もあります。

3送信先アドレスを多数登録できる

顧客の電話・FAX番号・メールアドレスなどを登録できるので、名刺を探し出す手間なくダイレクトに送信ができます。

4オフィスの省スペースに貢献

コピー、FAX、プリンター、スキャナが1台で完結。たくさんの機器を置く必要がなくオフィスの省スペース化に貢献できます。

5チラシを自社印刷できる

業者に依頼するとコストがかかるチラシやDMの作成も、自社でハイクオリティに仕上がります。

こんな職場におすすめ
  • コピー機導入のコストを抑えたい企業
  • コピー機を導入しているすべての企業
  • 見積り、仕様書、発注書、企画書など書類のやりとりが多い企業
  • デザイン確認などが必要な広報部を持つ企業、制作会社
  • チラシやDMの制作頻度が高い企業 など

入退室管理で
収益・効率UP

  • ●社員の出勤・退勤時間を正確に把握できる
  • ●労働時間の管理ができる
  • ●個別の部屋・スペースへの入退室管理が可能 など
up

こんなお悩みを解決

  • ワークライフバランスを見直したい
  • 働き方改革を促進したい など
スマホでの入退室は便利!
収益・効率UPのメリット
1社員の労働時間を把握できる

勤務時間がデータベース化できるため、労働時間、残業時間の計算などが簡単。それをもとにすれば、負担の多い社員や部署がわかり、業務改善のきっかけにもなります。

こんな職場におすすめ
  • 紙ベースで出勤・退勤記録を管理している企業 など