ICTエンジニア部

コピー機(複合機)ガラス面から印刷した時に線が入る時の対処法【ICTのエンジニア袋】

 ICTエンジニア部です。

 

以前に「ICTのエンジニア袋」では原稿送り装置から印刷した時の汚れの対処方法を紹介いたしましたので、今回はガラス面から印刷した時の汚れの対処方法を紹介したいと思います。

 

 ガラス面から印刷した時の汚れの対処方法

※参考機種はただおきくんでご利用いただいている SHARPの MX-2310F です。

 

 

 

ガラス面から印刷する場合は写したい方を裏向きにして印刷します。

それでは印刷開始!

 

ガラス面_印刷_汚れ_2

 

線が入りました・・・

ガラス面に汚れがあると図のような線や汚れの模様がそのまま写ってしまいます。

 

 

対処ポイント

そんな時は布などを水で濡らします。

ティッシュやコットンなどは繊維が付着しやすいので避けましょう!

 

ガラス面_印刷_汚れ_4

 

コピー機の原稿送り装置を上げて、右側の大きいガラス面を少し濡らした布で拭いていきます。

(汚れが落ちない場合は中性洗剤を少し付けて試して下さい)

 

ガラス面_印刷_汚れ_5

 

それではもう一度印刷をしてみましょう。

すると先ほどまで出ていた黒い線が、ガラス面を拭いたことによってこのように消えました!!

 

ガラス面_印刷_汚れ_6

 

このような症状が発生した場合はこの手順で線は消えます。

印刷をしていくうちにガラス面に汚れが付きこのように線が入る時があります。

 

もしも、この対処方法で線が消えないようでしたらお問い合わせして下さい。

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る