ICTエンジニア部

特定無線設備 法改正のご案内

特定無線設備_品番_技術基準適合証明番号_2

 

皆様の会社では、電話設備の無線機をご使用ですか?

PHSやコードレス電話機、PHSのアンテナが無線設備に含まれます。

 

法改正ついてのご案内

今回はそれら製品の法改正ついてのご案内です。

お使いの特定無線設備の「品番・技術基準適合証明番号」をお確かめください。

 

旧スペリアス規格の特定無線設備の使用期限2022年11月30日まで

確認はこちらからもできます↓

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/index.htm

 

※旧規格の特定無線設備を使用期限を越えて使用された場合、電波法違反となり、罰則・罰金(1年以下の懲役又は、100万円以下の罰金)の対象となります。

 

製品の詳細情報欄、認証番号を確認し、旧規格の該当品か確認します。

例えばPanasonic製の機器での対象機種は・・・

デジタルコードレス電話機(PHS電話機)

 

VB-911A ※一部除く

 

CS装置 ※アンテナ

 

VB-C380A ※一部除く

VB-C380JR ※一部除く

VB-C380W

VB-C360B

 

アナログコードレス電話機

 

VB-E411DC

VB-D411DC

VB-D211AC

VB-3411LDCA

 

2.4Gコードレス電話機

 

VB-W411B

VB-W411

VB-W460B

VB-W460A

VB-W460

VB-F611KC-W

 

その他、旧規格対象となるものなどの品番が対象となります。

 

特定無線設備_品番_技術基準適合証明番号_1

 

現在ご使用の機器が対象製品なのか不明な場合は、お問い合わせ下さい。

他メーカーでのご相談も受けております!!

NTT,NEC,NAKAYO,HITACHI,saxa,IWASU, など!

 

もしお客様のビジネスホンが古く、新規導入を考えている場合も、お安くご提案させていただきます。

ぜひAIDA LINKにお任せください!!

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る