ICTエンジニア部

防犯カメラの導入を検討に必見! ~防犯カメラの規格をご紹介~

6月に入り九州も梅雨入り、蒸し暑い日が続きますね。

季節の変わり目でもあるので体調の管理にお気をつけください!

 

 

さて今回は防犯カメラについて触れていきたいと思います。

その種類は様々でLANケーブルを配線して映すものや無線で電波を飛ばし映すものなどありますが、今回は同軸ケーブルを接続する防犯カメラの規格についてご紹介致します。

 

 security_camera

AHDHD-SDI

弊社で防犯カメラ工事を行う際、大きく分けてこの2種類の規格のものを使用します。

それではそれぞれの特徴をご説明します。

  

AHD」とは?

「アナログハイビジョン」の略で、従来の防犯カメラが52万画素の画質だったのに対し、200画素の高画質(1920×1080)で映像監視をおこなうことが出来るようになりました。

使用ケーブル:5C-FB5C-2V3C-2V

 

AHD」のメリットは?

従来のアナログカメラと互換性があり、古くなったカメラと交換の際配線ケーブルを交換することなく再利用できます。

  

HD-SDI」とは?

「ハイディフィニション-シリアルデジタルインタフェース」の略で、デジタル規格で高画質(1920×1080)の映像を長距離配線できる規格です。

使用ケーブル:5C-FB

 

HD-SDI」のメリットは?

デジタル規格での映像処理を行うため、長距離(100m)でも画質の劣化がない。

 

 

取り付けるにはどちらの規格がいいの?

security_camera_3

2つの規格を見たときに映像の映りに殆ど差はないです。

どちらも同じ高画質で録画できるので問題はありません。

 

ただカメラの設置場所から録画するレコーダーを置く場所の距離が離れている場合、配線ケーブルの種類ではHD-SDIカメラは100の配線ケーブルに対して、AHDは3種類の配線ケーブルが利用でき、5C-FB利用時は300までの距離に対応しています。

 

さらに、HD-SDIカメラに対応するレコーダーがAHDカメラより少ないため、AHDの普及率が多いです。

その為AHDカメラの種類も豊富にあります。

 

弊社では既設のアナログカメラを交換する場合はAHDをお勧めしております。

新規での取付や既存のものから交換したいなどお客様の環境に合わせた商品のご紹介もできますのでお気軽にご相談ください!

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る