リモートサポートツール   ダウンロード

ブログ

2021.2.03Web研修(Webセミナー)・集合研修開催のお困りごとを、IT・OA機器のレンタルで解決!

コロナ禍により、日々の生活や仕事でも様々な変化がおきています。

 

たとえば、大人数で集まると密になるという事で、社内の会議や研修、社外セミナー(研修会)が次々と開催中止になっていますが、いつになるか分からないコロナが落ち着くまで開催を待つわけにはいきません。

 

そこで、多くの企業様ではWEB研修(Webセミナー)を実施し始めています。

 

 

WEB研修(Webセミナー)とは

 

Web研修(Webセミナー)とは、Web会議システムなどを用い、会場や教室に集まらずにインターネット回線とPCを通じて受講できる研修のことです。

 

他には、「ウェビナー(WebとSeminarを組み合わせた造語)」、「オンデマンド研修」、「オンライン研修」、「遠隔研修」とも呼ばれています。

 

WEB研修‗コロナ

 

Web研修(Webセミナー)のメリット

 

①コロナ対策として有効

 

大人数が会場に集まり密になることを避けられることはもちろんですが、会場までの移動や配布物など他の不特定多数と関わる状況も回避することができます。

 

通勤_ラッシュ

 

②どこでも参加できる!!

 

インターネット通信環境とPCやタブレットがあれば、どこからでも参加できます。研修に参加するために移動をする必要がないので、移動時間を考えずに済みます。

 

多忙な方でもスケジュール調整がしやすくなることで、参加者の増加が見込めますし、会場のレンタル費用や設営準備がなくなり研修開催の負担を減らすことができます。

リモート_クラウド

また、参加する方の業務への圧迫、移動費、宿泊費を削減することができます。

 

③研修を記録できる

 

ほとんどのテレビ(Web)会議ツールには録画機能がついています。研修を録画保存したデータを都合が合わずに参加できなかった方へ配布したり、次回の研修で活用ができます。

 

また、参加した講師と参加者の復習としても利用が可能です。

 

Web研修(Webセミナー)のデメリット

 

①研修内容に制限がある

 

口頭や、資料や動画を共有し説明することはできますが、参加者の一人一人に実物を見てもらったり、触って作業をしてもらうことはできません。

 

②参加者同士のコミュニケーション

 

研修の参加者同士のコミュニケーションが通常であれば、名刺交換をしたり、グループワークで会話することができますが、テレビ(Web)会議ツール上では大人数では非常に困難です。

WEB‗研修‗セミナー

Web研修にはデメリットもありますが、コロナ禍という事を考えれば1度検討してみる価値はあると思います!

 

では、実際にWeb研修(Webセミナー)を開催しよう!とした際によくあるお悩み事をまとめてみましたので、ぜひご参考にしてください。

 

Web研修(Webセミナー)で、よくあるお困りごと

 

①Web研修(Webセミナー)を開催したいけど、どうすればいいか分からない

 

Web研修(Webセミナー)を開催しよう!と思ったものの、一体何が必要で何を準備すればいいのか・・・

WEB‗研修‗セミナー‗悩み

まずは、webカメラやインターネット環境が必要です。あと必要な物は現地下見をして、研修内容をお伺いした上で必要な機材や電源の必要個数など、実際にどのような運営になるか機材を使って調査できます。

 

また、この1日のために購入するのはもったいないな・・・という事であれば、1日からでも機材等のレンタルができますので、ご安心ください。

 

②接続するケーブルや設定方法が分からない

 

webカメラやインターネット環境はあるけど、もうこれさえあれば出来るのかな・・・

どこにどうケーブル繋げばいいんだろう・・・

ケーブル‗接続

接続するケーブルの種類の選定から施工、ネットワーク設定、研修会の立ち合いまで弊社は可能です。

急なエラーやフリーズが起きても安心です。

 

③PCやタブレット、スマートフォンが不足している

 

そもそも、Web研修(Webセミナー)を行ったり、見るためのPCやタブレット、スマートフォンが足りない・・・

 

台数の不足や、個人のスマートフォンやタブレットは研修中に個人的な通知のポップアップが表示されたりと使用したく無い方には、研修用にPCやタブレット、スマートフォンのレンタルが可能です。

 

WebカメラやPCのスペック、使用したいソフト(office やアプリケーション)等はご相談ください。

 

もちろん、併せてモバイルルーターもレンタルも可能で、通信環境や通信速度制限も安心です。

 

④パソコン2台の画面を交互に映したい

 

複数の講師が使用しているPCをケーブルの抜き差しを研修の途中で行わずに、切り替えスイッチで画面を切り替える事ができます。

 

ケーブルの抜き差しや調整を行う時間が短縮でき、スムーズに進行できるので参加者の待ち時間もなくなります。

PC‗切り替え‗2画面

 

その他、お悩みがあればお気軽にご相談ください。

 

 

また、感染症対策を十分に行った上で、集合研修を実施する場合もあると思います。

その際には今までの研修会開催とは異なり、入室前の検温やマスクの着用、消毒、換気、席の間隔を空ける等が必要となります。

コロナ‗対策

 

集合研修とは

 

集合研修とは、研修の講師と参加者が同じ時間に会場に集まり、対面した状態で直接研修を行う研修。

「集合型研修」とも言います。

 

集合研修のメリット

 

①参加者の交流ができる

 

参加者同士での名刺交換、グループワークでの相互啓発によりモチベーションUPが期待できます。

 

また、情報交換により自社業務のヒントを得る機会にもなり、研修の内容以外のプラス要素があります。

集合研修‗名刺交換

②研修内容を選ばない

 

Web研修(Webセミナー)とは逆に、参加者に実物を見てもらったり、触りながら作業をしてもらうことができます。

 

研修に実践的な内容を取り入れることができるので、より深く業務に直結するスキルを身につけることが可能です。

 

集合研修のデメリット

 

①コストがかかる

 

講師の確保や謝礼、会場のレンタル費用、参加者は交通費や宿泊費がかかる場合があります。

 

また、コロナ禍では感染症対策のため、入室前の非接触の体温計やマスク、消毒液が必要となります。

集合研修‗コスト

 

②日程調整が難しい

 

研修の前後で別のスケジュールが入っている場合は、移動時間を考えるとスケジュール調整が難しい場合があります。

Web研修(Webセミナー)に比べると参加しずらく、参加希望者が参加できない可能性があります。

日程調整‗WEB‗研修‗セミナー

 

集合研修にはデメリットもありますが、実践的な内容の研修には欠かせないですね!

 

では、実際に集合研修を開催する際によくあるお悩み事をまとめてみましたので、ぜひご参考にしてください。

 

集合研修での、よくあるお困りごと

 

①感染症対策をしたい

 

この時期に感染症対策をせずに集合研修をするわけにはいかず、対策として非接触で体温測定がしたいけど、数時間の研修のために購入するのは・・・

 

そんな時には非接触型のAI搭載サーマルカメラ・タブレット端末がおすすめです。

 

1日からレンタル可能ですので、集合研修を行う際にはぜひご検討ください。

 

サーマル_カメラ_4

 

②画面を共有したい

 

研修の複数人数いる前で、画面共有をしようとした場合には、プロジェクタ+スクリーン、もしくは大型モニターが必要になります。

 

大型モニターはキャスター付きスタンドなので、研修内の必要なタイミングで移動させることができます。

 

もちろん、パソコンと接続するケーブルや、スクリーンが会場にない場合はスタンド型スクリーン(80型、100型)をレンタル可能です。置き型タイプなので、会場の配置に合わせ設置できます。

起業家_応援_レンタル_3

③パソコンを研修で使用したい

 

参加者それぞれにパソコンを使用してもらいながら研修を行いたい・・・

 

その場合には、ノートパソコンをレンタルできます。

 

PCのスペック、使用したいソフト(office やアプリケーション)などはご相談ください。

 

④会場が広くて声が届かない

 

小さな会場で少ない参加者に対しての研修であれば、マイクがなくても声が通りますが、大きな会場でたくさんの参加者がいるような研修ではマイクが必須です。

 

マイク+CD付きワイヤレスアンプなら、パソコンの音声もスピーカーから出力できますし、アンプ内蔵ですぐに使用することができます。

 

外での利用であれば、メガホン等のレンタルも可能です。

レンタル_商品_ダイイチレンタリース_1

⑤レーザーポインタを使いたい

 

レーザーポインタを使いたい、赤色光のレーザーポインタならあるけど見えずらい・・・

 

そんな時には緑色光のレーザーポインタをレンタル可能です。

 

緑色光は赤色光よりも約8倍もの視認性を持っているとされています。

 

広い会場で使用するなら赤色光より、緑色光がおすすめです。

 

⑥ホワイトボードに書いた内容を印刷したい

 

ホワイトボードに書かれた内容を全部ノートへ書き写したり、携帯で写真を撮ったり・・・

 

コピーボードなら、手書きのホワイトボードを直接印刷するためすぐに研修参加者に資料をお渡しできます。

 

 

⑦撮影した画像を印刷したい

 

デジカメやスマートフォンで撮影した写真を印刷したい時には、プリンターがおすすめです。接続、設定までサポートできます。

 

また、カラー複合機(レーザープリンタ、インクジェットプリンタ)どちらもご準備できます。

 

 

社内研修をしたい

社内で研修を行いたい場合、もちろん今までのIT・OA機器を用いたお悩み解決もできますが、ビジネススキルUPや資格取得、各種法令に関するeラーニング講座のコンテンツもご提供可能です。

 

例えば、コロナ禍による自宅待機やリモートワークで自宅で可能な業務が限られている、移動時間が削減されて少し余裕ができる等があれば、この機会にeラーニング講座を受講してもらいスキルUPしてみてはいかがでしょうか?

 

どれだけ受講しているかは、管理者からも確認できますので、一斉に研修を受講しずらいコロナ禍でも活用しやすいのではないかと思います。

 

 

各種研修におすすめ!レンタル機器一覧

 

ノートパソコン

タブレット

・スマートフォン

プロジェクター

大型スクリーン(スタンドタイプ)

大型モニター(スタンド+キャスター付き)

ワイヤレスアンプ(マイクCD付)

・レーザーポインタ

・画面切り替え機

コピーボード(電子黒板)

カラー複合機

カラーインクジェット複合機

 

プリンター

 

web カメラ 

モバイルルーター

・非接触型 AI搭載サーマルカメラ・タブレット端末

サーマル_カメラ_NSS

 

レンタル商品一覧はこちらから

 

 

まとめ

 

Web研修(Webセミナー)でも、集合研修でも弊社ならお困りごと解決のお手伝いをさせていただきます。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 text= AIDA LINK
  • シェアする
  • LINEに送る