ICTエンジニア部

複数ページをまとめて1ページに!! 複合機の知られざる機能 (N-UP印刷)【ICTのエンジニア袋】

ICTエンジニア部です。

今週のICTエンジニア袋は「複数枚のページを1ページにまとめる方法」を紹介したいと思います。

 ※参考機種はただおきくんでご利用して頂いているSHARPのMX-2310Fです。

 

 複合機の知られざる機能 (N-UP印刷)

今回はマイクロソフトのワードを使ってテストページ4枚作成例としてみました。

 

 N-UP_1

 

ワードでテストページを作成します。

テスト①

 

N-UP_2

 

2ページ目にはテスト②

 

N-UP_3

 

3ページ目にはテスト③

 

N-UP_4

 

4ページ目にはテスト④

 

N-UP_5

 

テスト①~④までを通常印刷をすると・・・

 

N-UP_6

 

当然、4枚で印刷されてしまいます。

 

 

今回はこの4枚を1ページにまとめる設定をご紹介します。

 

【1】まずワードの「ファイル」タブをクリックします。

 

N-UP_7

 

【2】続いて「ファイル」タブをクリックして表示された「印刷」をクリックします。

 

N-UP_8

 

【3】自分の登録してあるプリンター名(SHARP MX-2310F)が出てくるので、プリンター名の下の「プリンターのプロパティ」をクリックします。

 

N-UP_9

 

【4】↓のような画面が立ち上がるのでN-Up印刷(N)の項目を変更します。

(通常は1-Upになっています。)

 

N-UP_10

 

【5】今回はテストページ4枚を1ページにまとめるので「4-Up」にします。

すると左上の用紙の絵に印刷プレビュー(どのように印刷されるかわかる)が表示されます。

あとはお好みで「枠線」や順序を指定していきます。

 

N-UP_11

 

【6】全て選び終わったら下の「OK」を押します。

 

N-UP_12

 

【7】最後に「印刷」を押すと・・・

 

N-UP_13

 

【完成】こちらが印刷された用紙です。

 

N-UP_14

 

ちゃんと紙1枚に4ページ分納まっています!

以上でN-UP印刷は完成です。

 

まだまだ他にも複合機の面白い印刷機能がたくさん存在するので、随時紹介していきたいと思います。

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る