ITソリューション営業部

防犯カメラを導入する介護・福祉施設様が増えている理由とは?

◯月日 AIDA LINK会議室

 

植山「・・・・・・・・」

 

麻生・衣笠「・・・・・」

 

 

植山「最近、防犯カメラを導入する介護・福祉施設様が増えているのは、なぜでしょーか!?」

 

 

麻生「はいッ!!!」

衣笠「はい! はい! はい! はい! はぁーーい!!」

 

 

植山「よし! じゃあ、衣笠くん!!」

衣笠「わかりません」

 

 

植山「じゃあ、手をあげるな!」

 

 

麻生「はい! それは、防犯以外にも便利な使い方が出来るからだと思います」

 

 

 

 

植山「正解!!」

 

 

防犯カメラの「防犯目的以外の使い方」とは?

少ないスタッフ数で、多くの高齢者の方により良いサービスを提供しなければならない介護・福祉施設様において、いろんな場所をチェックできる防犯カメラはとても便利です。

 

ご利用者様の危険を未然に防ぐ

施設の出入口だけでなく、廊下や、デイルーム、談話室などの共用部分にも防犯カメラを設置し、カメラの映像を切り替えることで、施設内の様子を簡単にチェックできます。

 

ご利用者様の危険やトラブルなどを未然に防ぐことができます。

 

入居者同士のトラブル解消に

福祉施設様では、入居者同士のちょっとした“事故”や“事件”が発生します。

防犯カメラは、これらへの対応を正確に行うことに役立ちます。

 

介護スタッフが暴力を振るう場面などは論外ですが、小さなトラブルも、監視カメラの映像があれば早い時期に双方が納得し、解決できる可能性があります。

この意味でも、福祉施設にこそ、高機能な監視カメラが必要であると考えられます。

 

画像検知機能で徘徊防止にも役立つ

入居者の方が、徘徊して施設から出ていこうとすると、防犯カメラの画像検知機能によって、音でお知らせしてくれます。

 

また、仮に施設の外に出てしまった時にも、カメラの映像を調べることで、どこから出てどちらに向かったのかの確認することが出来ますし、今後同じような事が起きないよう対策する為の、貴重な資料になります。

 

スマホやタブレットで遠隔監視

インターネットがあれば、スマホやタブレットから施設内の映像をリアルタイムに確認することができます。

複数の施設を管理している管理者の方やマネージャーの方にはとても便利です。

 


 

 

 

植山「よーし、今日のお勉強はここまで!」

 

麻生・衣笠「お疲れ様でしたー!」

 

 

AIDA LINKは、お客様それぞれの状況やご予算、目的などをトータルに踏まえたうえで最も効果を発揮できる防犯カメラを提案!

 

ご提案からお見積、施工、アフターフォロー全てを自社にて承っているのでご安心下さい。

もちろんすべての工程で外注工事は一切ありません。

 

今一度、防犯対策を考えしっかりとセキュリティを行うため防犯カメラを取り入れてみてはいかがですか?

ご不明な点などありましたらお気軽にお尋ねくださいね!

 

防犯カメラ_監視カメラ

   

お電話でのお問い合わせはこちら⇒0120-411-114

メールでのお問い合わせはこちらお問い合わせ

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る