AIDA LINKな日々

充実の社内研修! 楽しく学ぶAIDA LINK的共育タイム!!

長~い夏休みが始まると思っていたらあっという間に9月になりましたね。

朝晩は幾分涼しくなりましたが、日中はまだまだ残暑が厳しいので体調管理には気を付けて下さいね。

 

さて今回はAIDA LINKの社内研修、その名も「AIDA LINK的共育タイム」をご紹介致します。

 

※「AIDA LINK的共育タイム」とは各部門長が順番で講師になり、毎回いろんなテーマで研修を行ってくれるという社内研修です。

 

第1回目の講師は…我らが日比野部長です!!

という事で私も張り切って参加させていただきました!

 

今回のテーマは「チームワークとPDCAサイクル ~共通の目的に向かって協力し合おう~」

研修中の光景です♪ 

こんな感じでチームに分かれてグループワーク形式で行いました。

 

 AIDA LINK_共育タイム

 

実際に何をしているかと言うと…

「マシュマロタワーを作ってみよう!!」

 

というワークでパスタ、マスキングテープ、はさみ、紐、マシュマロを使ってどのチームが自立した一番高いタワーを作れるかを競っています。

 

AIDA LINK_共育タイム_2

 

各チーム、いろいろと試行錯誤しながら作っています。

 

AIDA LINK_共育タイム_5

 

 

中にはこんなかわいいタワーまで♪

 

時間が来たところで一旦高さの計測をし、チームで良かった点、反省点、そしてどうしたら改善されるかを考えます。

 

そして、二回目のチャレンジ!!

一回目と同様にまずは作戦会議を行ったうえで、タワー作成開始です!

 

どのチームも一回目より確実に精度が上がっていました。

一回目ではマシュマロの重さに耐えきれず、タワーが転倒してしまうチームが多かったのですが、2回目ではどのチームもしっかり立っており、枠組みも精度を増していました。

 

AIDA LINK_共育タイム_4AIDA LINK_共育タイム_3

 

このマシュマロタワーで何を学んだかというと…

P…Plan(計画) ⇒ D…Do(実行) ⇒ C…Check(評価) ⇒ A…Act(改善)

 

まずチームで計画する⇒実際に作ってみる⇒そしてそれを評価する⇒改善案を考える。 

このPDCAを繰り返すことで仕事の精度が上がって行くという事を学びました。

実際一回目よりも二回目の方が高いタワーを作る事が出来、完成度も高い物となりました。

 

今回の研修を通してこのPDCAサイクルの重要さを改めて感じる事が出来ました。

今後仕事をする上でPDCAを意識して行きたいと感じた研修でした☆

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る