ダイイチレンタリース

ビジネスホンで仕事の効率をUP!! 家庭用電話機とビジネスホンの違いとは?

ビジネスホンとは?

まず、ビジネスホンと家庭用電話機の違いについてご説明したいと思います。

家庭用電話機はみなさんご存知のとおり、一般の家庭で使われている電話機の事です。

 

そしてオフィスなどで働いている方も電話を使われているかと思いますが、家庭用電話機と違ってボタンがたくさんあって、どれを押したらいいのか分からない物に出くわした事があるかと思います。

いわゆるこれが、ビジネスホンです。

 

実はこのビジネスホンと家庭用電話機は全く構造が違います

 

家庭用電話機の特徴

家庭用_電話機

 

家庭用電話機とは電話回線が1本で使用するタイプの電話機の事です。

例えばコードレス子機が何台あっても電話回線が1本なので、電話またはFAXを使用していたら他の子機などで発信も着信もできない状態になってしまいます

 

会社やオフィスで使うにもしても、前述の通り電話回線1本でしか使えないとなると使い勝手が悪く窮屈ですし、いくらコードレス子機が余っていても電話回線を増やす事ができません。

 

ビジネスホンの特徴

ビジネスホン_違い

 

ビジネスホンとは複数の電話回線と内線を共有して使用できる電話機の事です。

 

複数の外線(電話回線)と内線を制御する主装置と、複数の専用電話機から構成され、数多くの電話機を制御できます。

つまりビジネスホンとは電話機単体ではなく、主装置+専用電話機の組み合わせによる電話機システムの事を指しています。

 

主装置とは‥外線(電話回線)と内線、または内線間をつなぐ小型の電話交換機のことです。

少ない回線を多数の内線電話機で共有したり、多くの外線(電話回線)を交換切換えしたり、電話帳の番号データ等も記憶するなど様々な機能を制御します。

 

ココが違う!ビジネスホンの主な機能とは?

■保留転送…通話中の会話を保留し、ダイヤルした指定先(内線でも外線でも)へ転送することが可能です。

 

■複数回線の接続…家庭用電話機の場合、1つの電話がかかってきたら他の電話がかかってきても前の通話が終了するまでつながる事はありません(話し中の状態)が、ビジネスホンでは、複数の電話回線で使えるので誰かが通話している最中でも内線通話や外線通話の使用が可能です。

 

ビジネスホンを導入するメリットとしては、少ない電話回線でも1つの電話番号でも多くの電話機で共有できるところです。

つまり必要最小限の電話回線をその回線数よりも多い数の内線電話機で共有することで、利用方法は変わらないまま導入費用も、月々の基本料金も削減できるワケです。

ビジネスホンには利便性だけでなく、経費削減という大きなメリットがあります♪

 

ダイイチレンタリースではこのビジネスホンもレンタルしています!!

今、事務所等で不便を感じている方、ビジネスホンに興味のある方、お気軽にダイイチレンタリースまで、お問合せください★

 

 

 

 

OA機器・ビジネス用品を一括レンタル!

レンタル商品に関する事なら、お気軽に何でもご相談下さい♪

直通電話:050-5525-7688

AIDA LINK_ダイイチレンタリース

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る