ICTエンジニア部

Excel&Wordを使って年賀状の宛名を一括作成!!

以前のBLOG『コピー機で簡単に「年賀状宛名印刷」を行う方法』をご紹介しましたが、その中のはがき印刷の宛名作成の時間短縮方法をご紹介します!

 

はがき印刷の宛名作成の時間短縮方法

1.準備するもの

はじめに準備するものとして「住所録」というExcelファイルをダウンロードします。

Webブラウザーなどで「住所録 オフィススタイルカタログ」と入力すると入手できます。

 

実際の「住所録」の写真がこちらです。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_1

 

2.「住所録」に記入

「住所録」に氏名、郵便番号、住所など必要な項目を入力しましょう。

入力が完了しましたらデスクトップに保存します。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_2

 

3.Wordを開く

Wordを開きタブの「差し込み文章」を選択。

左から2番目の「はがき印刷」を選択すると「宛名面の作成」と「文面の作成」が出てきますので「宛名面の作成」を選択。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_4

 

そうすると画面に「はがき宛名面印刷ウィザード」が表示されます。

5つの項目があるので、項目に沿って入力していきましょう。

 

最初に画面下の「次へ」をクリック。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_5

 

項目1 「はがきの種類を選びます」

はがきの種類を選択します。

年賀状を作成するので「年賀/暑中見舞い」を選択します。

 

選択し終わったら画面下の「次へ」をクリックします。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_6

 

項目2 「縦書き/横書きを指定します。」

今回は縦書きを選択します。

選択し終わったら画面下の「次へ」をクリックします。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_7

 

項目3 「書式を設定します」

今回はMS明朝のフォントを選択します。

選択し終わったら画面下の「次へ」をクリックします。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_3

 

項目4「差出人の住所を入力します」

図のように氏名、郵便番号、住所など必要な項目を入力します。

入力し終わったら画面下の「次へ」をクリックします。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_9

 

項目5 「差し込み印刷を指定します」

ここで.「住所録」で保存したExcelファイルが役に立ちます。

「宛名に差し込む住所録指定してください」の項目の中にある「既存の住所録ファイル」にチェックを入れ、下の「参照」ボタンをクリックします。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_10

 

画面左の「デスクトップ」から保存した「住所録」Excelファイルを選択します。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_11

 

選択し終わったら画面下の「次へ」をクリックします。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_12

 

画面下の「完了」をクリックします。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_8

 

そうすると「テーブルの選択」の画面が立ち上がり、その中に自分の選択した「住所録」が登録されていれば「OK」ボタンをクリックします。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_13

 

「住所録」に登録してある宛名がはがきのプレビューに表示されれば完成です。

 

Excel_Word_年賀状_宛名_14

 

 

今お使いのコピー機は快適?無駄はありませんか?

今回の「年賀状宛名印刷」に限らず、顧客様へのDMや各種書類の発送時に、社内にあるコピー機を活用して出力をする時、やっぱり気になるのは「コピー代金」ですよね?

 

大切なお客様へ発送する印刷物ですから経費がかかるのは当然ですが正直、少しでもそれにかかるコストは抑えたいものです。

 

また現在使っているコピー機がだんだんと古くなってきたけど、なかなか買い換えるとなるとコストもかかるしとお悩みの方におすすめしたいのが、弊社の人気商品「ただおき君」です。

 

コピー機を買うよりも断然お得!「ただおき君」ならコピー機本体のレンタル料が0円

「ただおき君」は、コピー機本体のレンタル料は無料で、初期費用として必要なのは搬入設置費カウンター料金のみで、コピー機を使った分のみの料金しかかからないというもの。

 

つまり初期費用にかかるコストが抑えられるから、枚数の多いコピーも躊躇することなく利用できるというわけです!

 

コピー機の使用頻度によって料金プランは2種類のいずれかを選んで

 コピーカウンター料金はお客様のご利用状況やコピーボリュームに応じて『レギュラープラン』『ライトプラン』のいずれかをお選びいただけます。

コピーの利用枚数に応じて選べるカウント料金なのでコピーにかかる経費に無駄がありません。

 

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る