ダスキンヘルスレント大分南ステーション

サイドレール&介助バーの活用

ベッドを使用している方で、サイドレール、介助バーを使用している方は多くいます。

今回は、実際に利用者様のご自宅訪問をしてお伺いする中で、サイドレールを立ち上りに使用している方がいましたので、サイドレールと介助バーの紹介をします。

 

サイドレール

サイドレール_ダスキンヘルスレント

 

ベッドに差し込んで使用するもので、寝返り等の転倒防止に使用します。

また、通常のサイズに加え、ショートサイズ、ロングサイズなど、利用者の状況に合わせて長さの変更が可能です。

 

デメリットですが、差し込んで使用するもので、固定はしていませんので、立ち上りに使用する際は、介助バーを使用するようにして下さい。

 

介助バー

介助バー_ダスキンヘルスレント_1 介助バー_ダスキンヘルスレント_2

 

ベッドに固定をして使用します。しっかりとベッドと固定をしますので、安定感があり、立ち上る際に重宝します。

また、写真を見ていただくと分るように角度を調整することができ、立ち上りの状況に合わせて角度調整が出来ます。

 

デメリットですが、サイズはショートやロングサイズ等はありません。固定していますので、取り外しにサイドレールと比べて時間が掛かります

 

福祉用具に関してわからないことがあればお気軽にご相談下さい。

 

 

大分県大分市古国府9-1
TEL.097-544-2211/FAX.097-544-6363

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る