AIDA LINKな日々

魂の種(1)

ねた【ねた/ネタ】

《「たね(種)」を逆さ読みにした語》

 新聞記事・文章などの材料。

 証拠。

 奇術などの仕掛け。

 漫才で事前に決めている話題や、コントなどの出し物。

 人をかつぐための、真実めかした作り話。悪意のある嘘ではなく、相手を笑わせたり軽くからかったりする程度である場合をいう。

 料理などの原料。また、材料。

 

 

 

 

我が社の経営理念には『笑顔の種をまく』という基本理念があります。

お客様の喜びが社員の幸せにつながり、共に笑顔を分かち合うことで、社員ひとり一人の成長と社業の継続につながるという考え方です。

 

 

どうすればお客様に喜んで頂けるのか、笑顔になって頂けるのか。

それをお客様と一緒に考え、具現化するお手伝いをさせて頂く。それがまた自身の成長につながる。

 

 

私達は、ただモノを売っているの訳ではない。

お客様に笑顔になってもらう為の『種』をまいている。

そう考えると、営業職としての本質的な部分で心構えやモチベーションが変わってきますね。

うーん、自社のことならがスバラシイ!

 

 

 

そうか!わかった!

 

 

 

 

 

 

ようやく決まりました。

自分のコーナーのタイトルが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う

植山薫の 魂の種

自作のタイトル画像が若干気持ち悪いですが・・・

 

ホームページを訪れてくれた方が笑顔になるお手伝いをさせて頂く。

我がDDS営業部のテーマは『魂』なので、そこは笑顔ではなく、魂の種をまいてみよう。

 

英語にするとSOUL SEED

英語にしないけど、うん、なんかカッコいいぞ。

 

 

ただし、

私がここでまくのは、種ならぬネタですが何か?

 

  • シェアする
  • LINEに送る