ITソリューション営業部

Skypeで会議(打ち合わせ)をやってみた!

前回ブログ(4/23)FaceTimeでやってみたが今回はSkypeでやってみた!

【実際にやってみる前の予想】

●インストール作業や設定に手間がかかりそう

画質が悪そう

複数人で同時に接続ができる

●会議で使えそう

●音質が良さそう

 

実際にやってみました!

 

【Skype アカウント設定手順】※電話番号での設定の場合

【1】アカウントの作成を選択する

Skype_会議_打ち合わせ_3

 

【2】電話番号を入力する

Skype_会議_打ち合わせ_6

 

【3】氏名を入力する

Skype_会議_打ち合わせ_5

【4】送られてきたショートメール(メッセージ)に記入されているコードを入力する

Skype_会議_打ち合わせ_4

 

【5】設定完了です

 Skype_会議_打ち合わせ_7

 

 

【Skype の使用手順】※事前に連絡先を共有している場合

【1】連絡先から通話したい相手を選択する

Skype_会議_打ち合わせ_8

 

【2】画面右上にあるカメラのボタンを押す

Skype_会議_打ち合わせ_9

 

【3】利用開始

参加者を追加する場合は画面中央下の+を押す

Skype_会議_打ち合わせ_2

 

【4】画面下にある「ユーザーを追加」を押す

Skype_会議_打ち合わせ_1

【5】連絡先から相手を選択することで追加する事が出来る

Skype_会議_打ち合わせ_10

 

 

この通り、操作方法は簡単です!

 

【Skypeをつかってみよう!】

参加人数 『2人の場合』

Skype_会議_打ち合わせ_13

 

 

<良かった点>

手軽に出来た

・相手の声が良く聞き取れる

・電波が入る場所であれば、どこでも使える

・見たい場所を相手に伝えれば、簡単に見せてもらえる

画面レイアウトが自由に出来る(相手だけが映る画面に出来るなど)

・二人で資料(情報)を共有できる

 

<イマイチな点>

・画像と音声に若干の遅延がある

・手持ちだと片手が使えない

 

参加人数 『4人の場合』

Skype_会議_打ち合わせ_11

 

<良かった点>

手軽に出来た

・相手の声が良く聞き取れる

・電波が入る場所であれば、どこでも使える

・それぞれの顔を見て話せる

画面レイアウトが自由に出来る(相手だけが映る画面に出来るなど)

・4人で資料(情報)を共有できる

 

<イマイチな点>

・画像と音声に若干の遅延がある

・手持ちだと片手が使えない

・参加者が近くにいるとハウリングを起こす

・上記の理由により、同じ場所に複数人いる場合は同時に話せない

 

参加人数 『6人の場合』

Skype_会議_打ち合わせ_12

 

<良かった点>

 

 

手軽に出来た

・相手の声が良く聞き取れる

・電波が入る場所であれば、どこでも使える

・それぞれの顔を見て話せる

画面レイアウトが自由に出来る(相手だけが映る画面に出来るなど)

・6人で資料(情報)を共有できる

 

<イマイチな点>

・画像と音声に若干の遅延がある

・手持ちだと片手が使えない

・参加者が近くにいるとハウリングを起こす

・上記の理由により、同じ場所に複数人いる場合は同時に話せない

  

【まとめ(参加者の感想)】

画像・音声の遅延と、参加者同士の同時会話を行う場合にハウリングに注意する必要があるなど、多少の問題もあるがFaceTimeと違ってIOSの端末でなくても使用できる事と、複数人での接続ができる為、端末を準備すれば参加者同士が窮屈に感じない。

 

場所を選ばず手軽にコミュニケーションや会議(打ち合わせ)が行え、とても便利なツールとして使用できる。

また、画面レイアウトの自由度も高いので参加者の顔が良く見える。

 

ただ、四人以上の参加人数になる場合、五人以上の画面が小さくなるので適正人数としては最大四人が使いやすい

 

 

ちなみに、iPhone/iPadのご用命は「auショップ大分春日」でお受けいたします!!(笑)

→ auショップ大分春日ホームページ

 

次回は更に便利に「業務でも活用できるコミュニケーションシステム」の紹介をさせて頂きます。

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る