ITソリューション営業部

国土交通省(観光庁)が、訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金の募集を開始しました!!

補助金を利用してWi-Fi環境(無線LAN設備)・デジタルサイネージ等を導入できます。

 

補助金_導入

 

平成29年度 訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金の概要

 

1.応募受付期間

平成29年4月3日(月)~10月31日(火)17時(必着)
※原則、応募いただいた月の翌月末をメドに交付決定させていただきます。
※予算が無くなり次第、応募を終了させていただきます。

 

2.補助対象事業者

地方公共団体、民間事業者及び協議会等

 

3.補助対象経費

【外国人観光案内所】
外国人観光案内所の整備・改良に要する経費
無料公衆無線LAN環境の整備に要する経費
案内標識、デジタルサイネージ、タブレットに要する経費
スタッフ研修、ホームページの多言語表記等及び案内放送の多言語化に要する経費等
 
【観光拠点情報・交流施設】
基幹事業(情報発信機能向上事業)
 ・掲示物等の多言語化、案内標識、デジタルサイネージ、無料公衆無線LAN環境の整備に要する経費
効果促進事業
※基幹事業実施の場合に限り、効果促進事業も補助対象となります。
 ・観光拠点情報・交流施設の整備・改良に要する経費
 ・ホームページの多言語表記等及び案内放送の多言語化に要する経費
 ・コンテンツ作成、タブレット、洋式トイレの整備等に要する経費
 
【公衆トイレの洋式化等】
※訪日外国人旅行者が毎年一定数訪れている(と推定される)観光施設等(観光スポット)周辺等の公衆トイレを対象とします。
基本整備項目
 ・和式トイレの洋式化
 ・洋式トイレの増設
 ・洋式トイレの旧式から新式への交換(温水洗浄便座を設置するものに限る。)
 追加整備項目
 ※基本整備項目実施の場合に限り、追加整備項目も補助対象となります。
  ・機能向上に資する設備の整備(温水洗浄便座等)

 

4.補助率

補助対象経費の3分の1以内

 

5.申請に必要な書類

応募要領を参照し、以下の書類を提出ください。
 ・要望書
 ・補助対象経費の算出根拠となる書類
 ・地図、写真
 ・その他要望に必要な書類

 

6.書類の提出先

最寄りの地方運輸局等
(詳細は、応募要領をご参照ください)

 

※引用/国土交通省(観光庁)「訪日外国人旅行者のために「外国人観光案内所」「観光拠点情報・交流施設」「公衆トイレの洋式化等」の整備を促進」

http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000236.html

 

 

AIDA LINKでは、補助金活用のための御見積や導入サポートを行っております。

 

 

 

 

失敗_例

前回の補助金で多かった失敗談

昨年も、補助金を活用したWi-Fi設備や防犯カメラ設備の導入を多数提案させて頂きました。

 

その中で多かった問題は、「補助金の申請をしておらず、導入したいと思った時には予算が無くなっていた」「申請の期限が過ぎた」「補助金の申請をする為の時間が足りない」等が多かったです。

 

このブログを見て頂き、補助金の活用をする可能性が少しでもあるお客様・・・

早めの申請・内容確認をオススメします!

 

 

 最適_提案

 

AIDA LINKが環境や予算に最適なシステムを提案します

 

良くお聞きする失敗談としては、例えば予算重視にしてしまい、せっかくシステム設備を導入したものの、環境や目的とマッチせず効果が発揮できていないという例。

 

逆の話も良く聞きますが、高額の設備を導入したのは良いが、大半の機能は利用できていない。

 

AIDA LINKは、お客様それぞれの状況やご予算、目的などをトータルに踏まえたうえで最も効果を発揮できる提案を心掛けております!

 

ご提案からお見積、施工、アフターフォロー全てを自社にて承っているのでご安心下さい。

もちろんすべての工程で外注工事は一切ありません。

 

ご不明な点などありましたらお気軽にお尋ねください!

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら0120-411-114 

メールでのお問い合わせはこちらお問い合わせ

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る