ITソリューション営業部

ビジネスホンの主装置(交換機)をオフィスに導入するメリットとは?通信費(電話料金)の削減!?業務効率アップ!?

◯月日 AIDA LINK会議室

 

植山_its

 

植山「(・・・・・)」

 

 

staff_麻生_衣笠

衣笠・麻生「(・・・お久しぶりでーす!)」

 

 

 

its_植山_2

植山「ビジネスホンの主装置(交換機)をオフィスに導入するメリットはなんでしょーーーーか?

 

 

 

 

衣笠・麻生「はい!!」

staff_衣笠_麻生_2

 

 

staff_衣笠_麻生_4

麻生「はい!1つの電話回線を共有して使用するので、会社内のどこに居ても電話の発着信ができます!」

 

staff_衣笠_麻生_6

衣笠「はい!更に、複数の電話番号も利用できるので、別の部署・時間外着信専用番号・緊急時の特別な番号など、色々な使い方ができます!」

 

 staff_衣笠_麻生_3

麻生「はい!ビジネスホンの内線通話が便利です!通話するのに通話料金は無料だし、PHSがあれば、どこに居るか探さなくても呼出し、電話の転送もできます。」

 

 staff_衣笠_麻生_9

衣笠「はい!ひかり電話に変更する事で、電話料金・通話料金のコスト削減が見込めます!最適な回線数・チャンネル数をお客様と共に考え一番良い御利用方法を提案できます!」

 

 

植山「お前ら最高!!」

 

 

staff_衣笠_麻生_植山

 

植山「他にも便利な活用方法があるので、これからもしっかり勉強しなさい!」

衣笠・麻生「はい!」

 

 

To Be Continued

 

 

 

家庭用電話機ではなく、ビジネスホンを導入するメリットとは?

ビジネスホンを導入する主なメリットは、以下4つです。

 

1. 回線を共用して効率よく電話をかけたり、受けたり、転送したりできる

社員数や部屋数などに応じて電話回線を契約する必要がなく、少ない回線でも効率よく電話をかけたり受けたりできます。

また電話を取り次ぐときも、別の電話機へ転送することができるのもメリットです。もちろん社内だけでなく、他の拠点や外出中の社員へ転送することもできます。

 

2. 複数の電話番号を1つの電話機で受けることができる

一般の家庭用電話機の場合、1つの回線(外線)で1つの番号を使用しますが、ビジネスホンは複数の電話番号を1つの電話機で受けとることができます。

例えば電話回線の数が2回線でも、2台以上の電話機で、電話を受け取ることができるのです。

 

3. 電話機同士で内線通話できるので業務効率がアップする

電話機は社内の内線としても利用できます。もちろん内線同士は無料!フロアが異なるオフィスなどでは、とても便利です。また受けた外線電話を内線を通じて転送できるので、スムーズに電話の応対や取り次ぎが可能です。

4. 通信費のコストダウンが図れる

電話回線の数が少なくても、多くの電話機で対応することができますので、通信コストの削減が図れます。電話回線の料金が少なく済むのでコストダウンが図れます。

ビジネスホンは他にも、留守番電話機能や、ナンバーディスプレイ機能、法人向けの安価な電話サービスを利用できるなど、たくさんのメリットがあります。

 

AIDA LINKならビジネスホン導入に関するコンサルティングは無料です!!

 

お電話でのお問い合わせはこちら⇒0120-411-114

メールでのお問い合わせはこちら⇒お問い合わせ

 

過去のオススメ記事

新品?中古?現金一括購入?リース契約?ビジネスホン各種メーカーの価格と特徴を徹底解説!

http://aida-link.com/aida-blog/dds-blog/3519

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る